第5回   

 育児と学校生活との両立をがんばっている 野村 幸代(35歳)さん1児の母

c0176123_17371755.jpg

 私は34歳でこの学校に入学しました。そして一児の母です。
学校に通うことに迷いが無かったわけではありません。私だけの生活の変化だけではなく、家族の生活にも影響してしまうからです。私が学校へ通うことで娘も保育園へ通い始めました。
 私が栄養士を目指すことになったのは、娘が産まれた保健センターの検診でした。栄養士さんと接することで『私も食べ物に対する知識を得て自信をもって楽しく栄養指導が出来る人になりたい。』と思い入学を決めました。
学校では年齢もバラバラでさまざまな考えの違いもありますが、みんな同じ夢を持った仲間なので楽しく学校生活を送り勉強することができます。チームワークを必要とする授業も多いので協調性を養うことができます。
育児と学校生活との両立は楽ではありませんが私自身、娘とともに新しい環境での生活で成長できていると思っています。また、家族の協力がありこの学校で勉強することができています。
自分の夢を叶えるために*最後まであきらめないでがんばろう!*と思っています。
[PR]

# by nsc-ns | 2008-10-15 17:39

第4回   

 販売員から転職を考えて入学した2年 杉本裕美 (27歳) [大学→販売員]さんです。
c0176123_15282481.jpg

私は国際社会学を大学で学び、卒業後は販売の仕事に就きました。しかし、しばらくするとやりがいを感じることができなくなりました。
 私は高校生の頃から栄養や食について興味を持っていました。しかし、26歳という年齢で仕事を辞めて学生に戻るなんて、と考えると不安もありました。それでもどうしてもやってみたい、今やってみたいことがあるのに挑戦せずにいたらこの先絶対後悔すると思ったので入学を決意しました。
 私がこの学校を選んだのは、実習が多いこと、規定のカリキュラム以外にも様々なことが学べることです。また、卒業生の先輩も多く、学校とのつながりが深いので、お話を聞ける機会もたくさんあります。
 この学校に入学してますます学びたいことが増え、将来への希望と可能性を感じています。本当にあの時決断してよかったと思っています。
[PR]

# by nsc-ns | 2008-10-08 15:29

第3回   

   今回は3人の息子さんのお母さんでもある1年生 原口 由美(40歳)〔主婦〕さんです。
c0176123_16533819.jpg

私はこの学校に入って、食の勉強をしたいと思う人達が幅広く、色んな人たちがクラスにいてくれてとても安心しました。学校に来る前の気持ちとは大幅に変わり、今までの生活とは違った刺激を毎日送り、楽しく勉強させてもらっています。
私は平穏な生活!?の主婦であり3人の息子達の母でありました。そんな私がこれから“毎日通って勉強!!”初めは大丈夫かなぁとすごく思いました。でもこの2年間はとても貴重で大切な時間でありそうな気がしたので、がんばって続けていけるかなと思っています。
学校でも先生たちの暖かい言葉がとても励みになりました。ある先生の“スタートは年齢に関係なく誰でもいつでも始められる”という言葉は私の心に強く残っています。
学生時代勉強は全く好きではなかったけど、今勉強(学ぶ事)がとても大変なことだけれど楽しいです。
[PR]

# by nsc-ns | 2008-09-29 17:08

第2回   

大変お待たせいたしました。
2人目の学生にコメントいただきました。

今回の学生は・・・
1年生 増田 豊(32歳) [調理師]さんです。
c0176123_13132943.jpg


私は十年以上のキャリアのある調理師でした。入学前は、給食会社の社員で介護施設に従事していました。
医療介護の給食では、栄養士という資格があればもっと深く仕事に関わっていける事を知り、栄養士になる事を考え始めていました。

その頃、仕事や生活になんとなく生きているなぁ的な虚無感を感じていた私は管理栄養士に目標を置くことにしたのです。

そして、食への求道心から『食のプロ』になろうと決めました。

とはいえ、三十も過ぎた私が学校に通うには少々勇気のいることでした。
生活の事は当然ながら一回り以上歳の離れた子達と勉強していけるのかな?と不安でした。

しかし、今がラストチャンスと思って、えいやっ!と願書を出しました。

入学して数ヶ月経ちますが、人間関係の不安はいらぬ心配でした。
年齢も様々、今までの行き方も様々なクラスですが、皆、栄養士を目指している人間同士なのです。

私の道はまだ始まったばかり。
この先苦労もあります。

しかし動き出さなければ僕は後悔していたでしょう。
動き出す為の合図は自分で自分に送るしかないと思うのです。
[PR]

# by nsc-ns | 2008-09-19 15:14 | 在校生

第1回   

記念すべき第1回の学生です。

c0176123_15213588.jpg



1年生 長江 愛(23歳) [大学→役員秘書]さんからコメントいただきました。

 「今しかない」そう思って受験を決意し、上司に辞表を出したのが入学前の2月。
大学へ行き、留学もした。
周りからすれば順調な人生。
しかし次第に今の職場では自分の能力や可能性を発揮できない、何かを立ち上げたり作り上げたりしたい、と思うようになっていた。

 ちょうどその頃、私が全く気付かないうちに体はボロボロになっていた。
このまま我慢して安定した収入を得るか、それとも好きな分野へ飛び込み、可能性を信じ、しかし将来の保証も無い新しい世界へ行くか悩んだ。
そんな中、私の背中を押してくれたのが家族。
そしてある友人の一言だった。

「お金があってアンハッピーな人生を送るより、お金が無くてもやりたい事をしてハッピーで輝いた人生を送る方が素敵で、幸せな生き方だと思うよ。やりたいことをしな。」

 今は毎日がとても楽しいです。
こんなに学校や仲間といる事が楽しいと思ったのは初めてです。
学校では多くのことを学び、吸収し成長していく為に貪欲に生活しています。
思い切って学校に入学してよかったです。
もっともっと学んでいきたいと思っています。
[PR]

# by nsc-ns | 2008-09-01 15:27 | 在校生

在校生によるひとこと   

名古屋栄養専門学校在校生に学校への入学の決意、学校生活、その他いろいろ
本音でしゃべってもらいました。
順次upしていきたいと思っています。
乞うご期待!!
楽しみにしていてください。

by toki
[PR]

# by nsc-ns | 2008-09-01 13:04 | その他